山下俊一センセイ講演会

データを出し続けているー田中隆作ジャーナルより

 長崎大学を卒業した山下氏は、冒頭、壊滅的被害を受けた母校の原爆投下直後の写真をスクリーンにアップさせ、長崎の被爆状況から語り始めた。「長崎市民23万人のうち、7万人が被爆で亡くなり、7万人が生存被爆者としてデータを出し続けている。」

 データを出し続けている?耳を疑った。被爆者は治療の対象でなく、データを取るための対象である―それが骨の髄まで染み込んだ山下氏ならではの表現だった。

「田中隆作ジャーナル」 より抜粋 

http://tanakaryusaku.jp/2013/01/0006507

nanohana ナノハナ | 地球と7代先のこどもたちを元気にしてゆく情報発信サイト