わざわざ1000キロ以上も離れた場所まで運んで燃やす

なんと、パリ、ローマの距離・ブログ「院長の独り言」より

「朝日新聞」

石巻のがれき、北九州に到着 コンテナ陸揚げ

http://www.asahi.com/national/update/0913/SEB201209130001.html

 

「西日本新聞」

震災がれき、北九州到着 まず800トン、17日から焼却

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323759

 

 

 

 

北九州市で本格的に震災がれきの焼却が17日より開始されます。

ご存知の方も多いと思いますが、ブログ「院長の独り言」で、西日本として初めての放射能汚染がれきの焼却で、健康被害他、十分に予想されますので下記のようなことを呼びかけています。

 

「院長の独り言」より抜粋

「学童期の子供がおられるお母さん、お父さんに、9月18日(火)からおこる健康被害の怖れを保健室の先生に前もって伝えていただきたいのです。燃やしたあとから、あれは北九州で燃やしたためだと言っても信用してくれないでしょうが、まだ欠席の子供がほとんどいない今の時期に、その懸念を伝えておけば、欠席者が急激に増えたときになにかしらの信号を保健の先生達も感じてくれるはずです。前もって話しておくと言うことは、ひとの心に残ってくれます。

 電話して懸念を伝えるだけです。どうぞ、お願いいたします。」

上記の事は、これから環境が悪化するのですから大切なことです。石巻~北九州はパリ~ローマの距離だそうです。それをわざわざ実行するのです。こういうのを「怪しい」という国語の説明もありますから、ぜひご覧ください。

 

ブログ「院長の独り言」をぜひご覧ください。

http://onodekita.sblo.jp/article/58205353.html

nanohana ナノハナ | 地球と7代先のこどもたちを元気にしてゆく情報発信サイト