2013年

9月

07日

「さよなら原発11.10九州沖縄集会」

前回の例会で、呼びかけ人として

500円いただいた方の登録が済んでいません。

 

「さよなら原発11.10九州沖縄集会」で検索して

ホームページを開いて、各自登録をお願いします。

その際に、メッセージ蘭に短くて構いませんので

メッセージを入力してください。

 

もしくは、次回例会(9月10日)にメッセージをもってきて頂ければ、

私の方で登録します。

 

川原

2013年

8月

28日

小泉純一郎の「原発ゼロ」

Listening:<風知草>小泉純一郎の「原発ゼロ」=山田孝男

続きを読む

2013年

8月

26日

次回例会のお知らせ

皆さんへ

 

猛暑、酷暑の夏の暑さにもようやく陰りが。

今年の夏もほぼ原発なしで乗り切れたことは、これからも

ずっと原発はいらないことの証明です。

だけど、再稼働の手続きが一日一日進んでいます。

こんどこそ、市民の声で再稼働を止めたいものです。

 

さて、次回例会を次の通り予定しています。

ご参加ください。

 

日時:9月10日(火)18:30~

場所:教育文化会館4階

議題:11.10福岡集会に向けて長崎でできること

 

以上。

 

川原重信

2013年

7月

29日

原発なしで暮らしたい例会のお知らせ

皆様へ

次の例会を下記の通り開きます。

 

8月5日(月)18:30から
教育文化会館4階ネットワークの部屋

 

議題:前回の例会で、九州電力による玄海原発・川内原発再稼働に
    反対するために11月10日、福岡で開催予定の九州集会に
    積極的に関わっていくことを決めました。
    7月27日に、その準備会が開かれますので、私が参加します。
    その会議内容をもとに、当会の取り組みを話し合いたいと思います。  


参議院選挙が事前のマスコミの予想通りに自民党の圧勝に終わって、
安倍政権は原発再稼働や国外への輸出のみならず憲法改悪に向
かって猛進するのだと思います。

国政選挙はこれから3年間はないと言われていますし、その間、成り行きを
眺めるだけではすませないと思います。
安倍政権の暴走に歯止めをかけるために、できることを見つけて
行きましょう。

川原

2013年

7月

19日

選挙に行こう

未来の選択/ 選挙に行こう!参院選2013プロジェクト
senkyo7-4.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.6 MB

2013年

7月

13日

例会のお知らせ

7月17日(水曜日)18時30分より

続きを読む

2013年

6月

21日

緊急署名のお願い

> グリーン・アクションから緊急署名のお願いが届いています。
> みなさまご協力ください。
>
> ●事故時の対応を行う免震事務棟はありません。
> ●義務づけられている、防潮堤も完成していません。
> ●再稼働の前提となっている敷地内破砕帯調査の結論はでていません。
> ●義務づけられているフィルター付きベント設備も完成していません。
> ●「活断層の3連動を基本にした基準地震動」を策定していません。
>
> …など、新基準に適合していない大飯原発の、
> 即時運転停止を求める署名です。
> 名前と都道府県を入れてクリック、クリック。
> 1分とかかりません(^^ゞ
>
> 【緊急署名】大飯原発は新基準に適合していません! 直ちに運転停止を!
> ご署名、拡散、宜しくお願い致します。
> 詳細は以下です:
>
> ネット署名:http://goo.gl/bqUV9
> 携帯から:http://fs220.xbit.jp/n362/form1/index.cgi
> 紙版の署名用紙:
> http://greenaction-japan.org/internal/130618_ohi-shomei.pdf
>
> 第一次集約:6月20日(木)22時
> 最終集約:6月25日(火)22時
>
> 原子力規制委員会委員長 田中俊一 様
>
> 原子力規制委員会は4月から、大飯原発3・4号が新基準に適合しているかを評
> 価するために会合を重ねてきました。5月15日には、更田委員が大飯原発を視
> 察し、「決定的な欠落はない」とコメントし、大飯原発の運転継続を了承する判
> 断を示そうとしています。
>
> しかし大飯原発は、新基準に照らして「決定的な欠落」があります。問題の多い
> 新基準ですが、それでも大飯原発は新基準に適合していません。これまで、スト
> レステストや4閣僚の政治判断で運転が強行されてきましたが、今回、規制委員
> 会が検討してきた新基準との適合性も満たしていません。実態は下記のとおりで
> す。
>
> ●事故時の対応を行う免震事務棟はありません。
> そのため、大飯原発1・2号の会議室を代用するとしています。しかし、事故の
> 起きている3・4号の隣で、場所が近すぎるため役割を果たすことはできませ
> ん。会議室は約105平方メートルで、収容人員はわずか38名です(本来は1
> 000名の収容規模が必要)。
> 原子炉の状況などを表示する機器は、ノートパソコン1台しかありません。免震
> 事務棟の完成は2015年秋頃となっています。
>
> ●義務づけられている、防潮堤も完成していません。防潮堤完成は、来年3月の
> 予定です。
>
> ●再稼働の前提となっている敷地内破砕帯調査の結論はでていません。
> 大飯原発の敷地内破砕帯F−6は、調査が継続中であり、有識者会合の結論は出
> ていません。
>
> ●義務づけられているフィルター付きベント設備も完成していません。完成は2
> 016年3月予定です。
>
> ●規制委員会が求める「活断層の3連動を基本にした基準地震動」を策定してい
> ません。
> 関電は、基準地震動については2連動のままで、3連動は「仮に」として「評価
> 用地震動」なるものに置き換えてしまっています。
>
> 要請事項:大飯原発3・4号は新基準に適合していないため、直ちに運転を停止
> してください
>
> [署名提起団体]グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪
> の会/大飯原発止めよう裁判の会/原子力規制を監視する市民の会
>
> 連絡先団体:グリーン・アクション
> 京都市左京区田中関田町22-75-103. TEL: 075-701-7223 FAX: 075-702-1952

2013年

5月

24日

皆さんへ

6月2日は原発再稼働に意義を唱えるための全国集会が東京で開かれる事になっており
NO NUKES DAY として、全国にアクションの呼びかけがあっています。


再稼働の1番の候補とされている九州電力・川内原発を抱える鹿児島では九州集会が
予定されており、長崎からもバスで参加する事になっていますが、これと連動して、
長崎でもアピール行動を持つことになりました。
 
原発なしで暮らしたい・長崎の会も主催者の一人となって欲しいという要請がありました。 
 
つきましては、6月2日はみんなで長崎市民会館前に集まりましょう。
できれば、うちわにメッセージを書き込んで持参しましょう。
 
つてのある方は、是非、周囲に呼びかけてください。
よろしくお願いします。

(5月22日に長崎での集会内容は掲示しましたが、再度のお願いとしての掲載です)


 
川原重信

2013年

5月

22日

6.2 NO NUKES DAY ながさきアクション

2013.6月2日(日)13:30~15:00長崎市民会館前広場

続きを読む

2013年

4月

15日

We Shall Overcome 2012 大きな壁が崩れる

中川五郎さんのお座敷ライブが昨日ありました。鯛飯で有名な「御飯」の座敷が舞台であり客席です。

おーいで皆さん聞いとくれー の作詞の人です。

高石ともやさんが曲をつけ歌ったら爆発的ヒットになった、あの曲です。中川さんはあの詩にボブ・ディラン調のメロディを想像しながら、高校3年生の時に書いたそうです。

 

彼が若い頃にフォークソングの代表的な曲「We Shall Overcome」で歌詞を作り、歌ってくれました。

この曲は「7.13緊急!大飯原発3号機を停止せよ!首相官邸前抗議」の第2ステージの国会正門前に緑のギターを抱えて、「歌わせてください」と言って飛び込みで歌った曲です。

 

 

♪ We Shall Overcome 2012 大きな壁が崩れる

 

大きな壁も ぶつかり 崩す あなたとわたし みんなの力で おお あきらめず 立ち向かおう 大きな壁が崩れる

 

手を取り合って 声かけ合って あなたとわたし みんなの力で おお 勝利信じて 立ち向かおう 大きな壁が崩れる

 

恐れはしない 恐れはしない あなたとわたし みんなの力で おお 未来見つめて 立ち向かおう 大きな壁が崩れる

 

石の心も 溶かしてみせよう あなたとわたし みんなの力で おお あきらめず 立ち向かおう 大きな壁が崩れる

 

大事なものは 必要なものは もう一度 考えてみよう おお 便利な暮らしか みどりの自然か 100年後に生きる子どもたち

 

大きな壁も ぶつかり 崩す あなたとわたし みんなの力で おお あきらめず 立ち向かおう 大きな壁が崩れる

 

(作・中川五郎)  無断転載可

2013年

4月

02日

原発なしで暮らしたい・例会

皆さんへ
 
3月10日の「ふくしまとつながろう・長崎集会」はご苦労様でした。
盛りだくさんの内容で、充実していたと思いました。
原発なしで暮らしたい会のブースも無事に維持できました。
ご協力ありがとうございました。
 
さて、次回例会のご案内です。
 
日時:4月16日(火)18:30から
場所:教育文化会館4階ネットワークの部屋
議題:現在のところ、特に考えていません。
    情報交換ができたら良いのではないかと思います。
    5月3日は憲法9条フェスタがありますが、講演と街頭デモだけで、
    ブースを出すようにはなりません。
 
当日会いましょう。
 
川原

続きを読む

2013年

3月

04日

「さようなら原発ながさき広場」が近づいてきました

皆様へ
 
3月10日の「さようなら原発ながさき広場」が近づいてきました。
次回例会は次の通りです。
 
日時:3月5日(火)18:30から
場所:教育文化会館4階
 
 
川原

2013年

2月

16日

乳歯を保存する会

ぜひ、お子様の抜けた乳歯を保存しておいてください。

続きを読む

2013年

2月

15日

原発政策と憲法問題の選択肢

「民意と国会議席のねじれ」は、原発問題と憲法問題で共通している。

続きを読む

2013年

2月

14日

フクシマ乳歯のストロンチウム

「福島県議会で郡山選出女性県議が乳歯調査を提案して県当局に拒否された」

続きを読む

2013年

2月

06日

例会のお知らせと今後の予定

皆様へ

 

いかがお過ごしでしょうか。ずいぶんとご無沙汰しておりますが、

その間に政権が変わって、ついでに福島原発事故のことも

忘れ去られそうな雰囲気が漂ってきました。

毎日新聞の世論調査では阿部政権の原発政策見直し

(2030年代に原発をゼロにするの見直し)に賛成が5割を

超えているのだそうです。

どこに向かって進んでいるのか分からない「漂流社会」に

なってしまったのでしょうか。

それでも、原発から放射能が出てくる限り、原発はいらないと

発信し続けましょう。

 

例会を次の日時で実施したいと思いますので、ご参集をお願いします。

 

日 時:2月12日(火)18時30分から

場 所:教育文化会館4階ネットワークの部屋

議 題:3月10日開催の「さようなら原発1000万人アクション長崎集会」

      について

     2月17日開催の「福島原発告訴団九州報告集会」について

     原子力防災計画について

     その他

 

について、3月10日(日)に平和会館で開催予定です。

 音楽や、トーク、ブースを作ることになっています。

 原発なしで暮らしたい・長崎の会も、アピールを考えましょう。

 

の九州報告集会について

 日時:2月17日(日)14:00〜

 場所:九州大学箱崎キャンパス

 告発団に加入いただいている方には事務局から案内が来ていると思いますが、2人までは旅費を負担するとの連絡がありました。長崎の取り組みを報告して欲しいそうです。

 私は所用が会っていけないので、希望者があれば、川原へ今週中にご連絡ください。

 

原子力防災計画について、自治労長崎県本部が2月23日(土)に佐世保で学習会を開きます。

 

以上、突然の呼びかけになって恐縮ですが、よろしくお願いします。

 

川原

2013年

1月

29日

福島原発告訴団

『福島原発事故に関し、厳正な捜査と起訴を求める署名』

続きを読む

2013年

1月

20日

山下俊一センセイ講演会

データを出し続けているー田中隆作ジャーナルより

続きを読む

2013年

1月

18日

「長崎あじさい行動」55名

今日の参加者は55名でした。

力強く、「再稼働反対!」「こどもを守れ!」「大飯を止めろ!」「大間はいらない!」「電気は足りてる!」と55名の声と心を響き合わせてきました。

みなさんも、ぜひご参加ください。毎週金曜日の同じ時間・同じルートのようです。よく団体などの行動では所属名と氏名を記入するように要請がありますが、そういうのがないので、お時間に都合がつく方は気楽にホイと参加できます。増えると、「何かな?」とプラカードを見てくれるし、声も聞いてもらえる率がアップします。2人だけの参加という日もあったそうですが、そういう人たちがいるから思いは紡いで行けるのです。感謝のうちに。

2013年

1月

18日

【原発ゼロをめざす長崎あじさい行動】

本日昼休み。12:20長崎市役所別館を出発し、県庁別館前折り返し、市役所本庁前12:50到着予定。

続きを読む

2012年

12月

05日

石原親子と戦う山本太郎候補

「反核運動始まりの地、杉並から出たかった」東京8区

続きを読む

2012年

12月

04日

おーい、止めたいママアクション

集会もデモも行けない…子どももいるヨ…デモ!!、何もしなかったら後悔スルッ!!

小さなアクション、でもつながれば大きなアクション!?

 

http://oka-chan.net/ooimaman/

 

日本のまん中岐阜発!!全国のママよ立ちあがろう!!と呼びかけています。おかあちゃんたちの公開質問状など、今までの選挙と思ったら大間違い。小さなアクションを起こそうよ。ぜひ、見てください。

2012年

11月

15日

今後の予定

皆さんへ
 
すっかり寒くなりましたね。
原発なしで暮らしたい・長崎の会の11月例会は次の通りです。
解散総選挙が12月に行われることになり、
脱原発基本法の成立はもとより審議も吹き飛んで
しまいそうです。
私たちにできることを話し合いましょう。
 
今後の予定
 
○例会
 11月20日(火)18:30から
 教育文化会館4階
 
○核問題学習会
 11月16日(金)18:00から
 教育文化会館
 講演:「核兵器のない世界に向けて
     私たちに今できること」
 講師:中村佳子さん(長崎大学核兵器廃絶研究センター準教授)
 
○日韓交流ミーティング
 12月9日(日)14:00から
 勤労福祉会館2階
 ピースボートに乗ってくる人たちとの交流・意見交換会です。
 
 
 
○「原発事故子ども・被災者支援法」学習会
 理念法ですが、画期的な法律が6月に成立していました。  


講師:河崎健一郎弁護士(東京駿河台法律事務所)

   福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)共同代表

    http://www.saflan.jp/

日時:11月21日(水)18時〜20時

場所:佐賀・アイスクエアビル5階会議室(佐賀駅徒歩1分、佐賀市駅前中央1-8-32)

参加費:一般500円、避難者無料

主催:「原発事故子ども・被災者支援法」を学ぶ会・佐賀

共催:0311避難者ネットワーク/玄海原発プルサーマル裁判の会

連絡先:sagakarakaeru@gmail.com
以上。

川原重信

2012年

11月

07日

[山本太郎]講演会in長崎

長崎講演会詳細           


日 時 2012年11月9日(金)18:00~19:30
場 所 長崎県勤労福祉会館 2F講堂

 

主 催 長崎地区労 
講 演 山本太郎さん(俳優)  
 入場無料☆どなたでも参加Ok

 

お問い合わせ先

長崎地区労働組合会議 長崎市桜町9-6長崎地区労会館
TEL  095-824-5788
FAX   095-824-3824

2012年

10月

26日

脱核・日韓自転車ツアーとの市民交流について

日韓市民で結ぶ脱原発・平和自転車ツアー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 66.8 KB
続きを読む

2012年

10月

12日

福島原発告訴団・九州

ホームページのご紹介

続きを読む

2012年

10月

12日

福島原発告訴団の説明会

日時:10月16日(火)18時30分から 場所:教育文化会館2階 201号室

続きを読む

2012年

9月

13日

わざわざ1000キロ以上も離れた場所まで運んで燃やす

なんと、パリ、ローマの距離・ブログ「院長の独り言」より

続きを読む

2012年

9月

10日

「田中龍作ジャーナル」より

テレビや新聞の報道がピンとこなくなって、何か伝えられる内容はないかと思案する。

で、「田中龍作ジャーナル」の記事を紹介します。

 

 

【官邸前エクスプレッション】 8月31日~自死者たちを弔いに来た

 

http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0004981

 

 

 

 

民主党の「脱原発」に騙されないために

 

http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0004986

 

 

 

【第一報】ACTA 国会で承認 ネット規制強化に道開く

 

http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0004997

 

 

 

 

【原発危険度ランキング】 大飯1、2号機が堂々のトップ

 

http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0005003

 

 

 

【全国に飛び火する金曜集会】 大阪のオッチャン 「関電、原発と共に成仏せえよ」

 

http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0005021

 

2012年

7月

29日

脱原発の鎖が国会包囲〜議事堂前に解放区!

一緒に「再稼働反対!!」と思わず叫びたくなります。ご覧ください。 ↓

 

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=SBsCv2ldack&NR=1

 

 

 

7.29脱原発国会大包囲空撮〜人が溢れた瞬間映像 ↓

 

http://www.youtube.com/watch?v=Qd3HZHXDx3A&feature=player_embedded#!

2012年

7月

27日

長崎市は震災ガレキの受け入れを見送る方針

市長定例会見2012/07/26

続きを読む

2012年

7月

20日

ながさき環境都市宣言

~人と自然と文化が輝き続けるまち長崎~

続きを読む

2012年

7月

19日

がれき処理を実証実験で検証・長崎新聞

県内での東日本大震災のがれき受け入れの対応について議論する県内市町などの実務担当課長会議が18日、長崎市出島町の県農協会館であり、長崎市が来週から震災がれきの焼却灰の処理を想定した実証実験に乗り出すことを報告した。

 同市は東工場か西工場で、一般廃棄物の焼却灰を化学繊維でできた土のう袋に詰め込む作業に着手。約120袋の詰め込みが完了次第、三京クリーンランド埋立処分場で積み上げの作業に取り掛かり、詰め込みから処理にかかる時間や、土のうが崩れるなどの恐れがないかを検証する。一方、灰に濃縮された放射性セシウムが雨水に溶け出す危険性がないか-などについて随時調査を進めているという。

 県の報告によると、震災がれき受け入れを検討しているのは同市と佐世保市。震災がれきを県内で受け入れる場合、受け入れ自治体が通常処理する一般廃棄物を一部引き取って処理するのを可能とするのは、大村市と県央県南広域環境組合(島原市、諫早市、雲仙市、南島原市)。

続きを読む

2012年

7月

17日

矢ケ﨑克馬さん長崎市で講演会

隠されてきた内部被曝の脅威

続きを読む

2012年

7月

12日

長崎浜町での街頭署名360筆

「さようなら原発1000万人アクションINナガサキ」の呼びかけにより、

昨日2時間、署名活動参加者26名が参加しました。集まったご署名は360筆でした。

長崎県の人口の一割を目標に、あと6800筆余とのことです。8月9日までには達成したいという思いです。

街頭での署名活動はありませんが、署名はまだまだ足りませんので、ご協力いただける方は、下記へ

 さようなら原発アクション・ナガサキ

 

2012年

7月

11日

街頭署名「旧長崎大丸」前に集まれ

7月11日(火)PM5:00~PM7:00

続きを読む

2012年

7月

10日

街頭署名・長崎市浜町「旧長崎大丸」前に集まれ

さようなら原発1000万人アクション関連:PM5時~PM7時

続きを読む

2012年

6月

29日

報道センターNBC

「内部被ばくを生き抜く」鎌仲ひとみ監督に聞く

続きを読む

2012年

6月

28日

被爆体験者の訴え全て退ける

長崎新聞の記事参照

 

「被爆体験者」訴訟あす判決 2012/06/24付

 「がんは原爆放射線の影響。私の体が内部被ばくを証明している。私たちは被爆者だ」。

http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20120624/02.shtml 

 

放射性降下物による内部被ばくの健康影響も鍵を握る争点の一つ。内部被ばくの健康影響は科学的に未解明な部分があり、判決の行方は原発事故で内部被ばく問題に直面する福島の被災住民への援護の在り方に一石を投じる可能性もある。司法がどのような判断を下すのか、注目される。(2012/06/24付抜粋)

その注目される判決が下の記事のように不当判決でした。

↓

「被爆体験者」全面敗訴 12キロ圏放射線影響「根拠欠く」



http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20120626/01.shtml



体験者訴訟 敗訴 「不当判決」怒り、落胆


http://www.nagasaki-np.co.jp/news/peace/2012/06/26090411.shtml





科学的根拠、立証責任に疑問 被爆体験者訴訟判決

  

原発事故の影響が続く福島。全町避難の浪江町は全町民の医療費無料化など原爆被爆者と同等の援護のための法整備を要望中。紺野則夫健康保険課長は「内部被ばくの健康影響の判断を明確に示さないまま被爆者と認めない長崎地裁判決は納得できない」と話した。(2012/06/27付抜粋・下記記事をご覧ください)



http://www.nagasaki-np.co.jp/news/peace/2012/06/27094702.shtml

 

2012年

6月

25日

「再稼働反対」の地鳴り 

首相官邸前で進む“紫陽花革命”

続きを読む

2012年

6月

23日

首相官邸前で再稼働反対デモ

東京新聞2012/06/23

続きを読む

2012年

6月

22日

被曝による子どものがん死・・・

ごまかされないのは親の責任だから理論武装

続きを読む

2012年

6月

21日

再稼働はやめて!~官邸前で女たちが抗議のダイイン

6月7日の報道されない叫び・ぜひ観て下さい

続きを読む

2012年

6月

20日

原発短信:誠意が大切(瓦礫と汚染)・・・環境を守る人の基本

武田邦彦(中部大学教授)ブログより

続きを読む

2012年

6月

17日

消費増税、原発再稼働反対訴え

県労連がデモ行進

続きを読む

2012年

6月

14日

「抗議の昼休みデモ」

声をあげたい、何かをしたいとお考えのみなさんのご参加を呼びかけます。

続きを読む

2012年

6月

06日

再稼働反対の緊急ネット署名

美浜の会メール・ニュース12-8 

続きを読む

2012年

6月

02日

フクシマ2011近日公開

長崎セントラル劇場

続きを読む

2012年

6月

01日

大阪の「美浜の会」より

野田首相は関西電力大飯原発の再稼働を近いうちに判断する意向を示しています。
関西広域連合会の理解が得られたとして、残る立地自治体の判断を待つのみの
状態です。福井県知事、おおい町長は福井県に設置された原子力安全専門委員会の
答申を得て、同意を表明する予定となっています。
立地自治体へ再稼働を止めるように要請しましょう。
大阪の「美浜の会」から以下のメールが送られてきていますのでご活用下さい。
 
川原重信

 

 

 

皆様へ  美浜の会メール・ニュース2012-7です。
BCCで失礼します。
転送・転載歓迎です。重複して受け取られた場合は申し訳ありません。

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★福井県と県の安全専門委員会に「再稼働を認めないで」のメールを送ろう

 -関電はこっそりと、活断層3連動の評価を760ガルから700ガルに改変-
http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/fukui_mail1205/fukui_mail1205_1.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇
皆様へ

★拡散お願いします。ツイッターなどでも広めてください。
再稼働を止めるため、
福井県と県の安全専門委員会にメールを送ってください。フォームも作成しています。

政府は大飯原発3・4号の再稼働に向けて猛スピードです。
おおい町長と福井県知事の了承を得て、首相が最終判断をすると表明しています。早ければ今週中にも最終判断を出すと言われています。

町長と知事が了承の判断を出すために、県の原子力安全専門委員会が安全性について報告をまとめることになっています。

★ところが、前回5月21日の安全専門委員会で関電は、
こっそりと、これまでの3連動の地震動評価760ガルを引き下げて、700ガルに評価を改変しています。

福井県の原子力安全対策課に電話すると、700ガルへの評価改変については、「一言の説明もなかった」とのことでした。次回の専門委員会は今週中にも開かれると思われます。

★至急、福井県と県の原子力安全対策課にメールを送ってください。
下記からメールを送れるようになっています。説明もしています。
 http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/fukui_mail1205/fukui_mail1205_1.htm

関電の3連動評価の改変について、まず釈明させるべきです。
国は、3連動の場合に制御棒が基準値2.2秒以内に挿入できるかどうか判断を出していません。
再稼働を認めないで!のメールを送ってください。

皆さんが送られたメールを共有できるように、最後に「美浜の会にコピーを送る」にYESのチェックを入れてください。皆さんの声をホームページで紹介していきます。

●新しい情報などは、美浜の会ホームページに掲載しています。ぜひ、ご覧ください。 http://www.jca.apc.org/mihama/

(このメールは、これまでメール・ニュースをお送りしている皆さん、美浜の会にメールをいただいた皆さんなどにお送りしています。
今後、メール・ニュースが不要の場合は、お手数ですが、ご連絡ください。)

2012年5月31日
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
530-0047 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階
       TEL 06-6367-6580  FAX 06-6367-6581
       http://www.jca.apc.org/mihama/  mihama@jca.apc.org

 

2012年

5月

27日

真実はどこに? - WHOとIAEA 放射能汚染を巡って -(原題:Controverses nucléaires)

続きを読む

nanohana ナノハナ | 地球と7代先のこどもたちを元気にしてゆく情報発信サイト